その他

長さ10メートルのこいのぼりを皆さんに見ていただきました。

「中に何人ぐらい人数が入れるんだろうね?」とか「買ったらいくらぐらいするんだろうね?」とか、質問も飛び交う楽しい時間となり、1人が「大きな口から中を見てみたい」と言われると他の方々もそれに続くほのぼのとした雰囲気も、印象的でした。

皆さん、ますますお元気で過ごされますように。

幸町デイサービスセンターでは、菖蒲湯と手作りの「鯉のぼりどら焼き」でイベントを楽しみました。

無病息災で今年も元気で過ごす事ができますように!!

5月4日は「みどりの日」ですが、巨大鯉のぼりをデイルームでお披露目しました。

2年前まで、シャローム東久留米の駐車場で、多くの鯉のぼりを泳がせてきましたが、新型コロナウイルス蔓延のため、中止していました。

倉庫に保管されてきた鯉のぼりを久々に出して、丁寧にアイロン掛けをし、消毒も行い、職員3人がかりで運びました。鯉のぼりの長さは10メートルで、間近で見ると、なかなかの迫力です。鯉のぼりの中に入りたいとおっしゃる方、どんな生地でできているのか触って確認する方、「最近はこんなに大きな鯉のぼりは見なくなったね 」と話される方、さまざまな反応でした。

思うような外出ができない状況ですが、ちょっとした季節感を味わうことができたのではないでしょうか。

先日、毎年恒例の『三法人合同研究発表会』を開催しました。今年度の当番は、当三育ライフ東京事業所でした。

今年は、三育福祉会・アドベンチスト福祉会の各法人1発表。われわれ三育ライフは、東京事業所と千葉事業所からそれぞれ1発表のあわせて4つの発表を行いました。

各発表とも、いろいろな工夫がされ、なかなか聞きごたえのあるものでした。遠くから来て、発表していただき、ありがとうございました。いい学びのひと時でした。

今月の職員会です

事業報告と決算報告を各担当課長、事務長に報告してもらいました。

そのあとの時間を、理事長のメッセージをいただきました。「ミッションデー」として、我々のミッションを再確認する時間で、『私たちが目指すもの』というお話でした。いのちを大切にする法人として、隣人愛に徹すること、何をしたかではなく、何をしようとしたのかが大切』ご自分のつらい体験を通して熱く語っていただきました。『シャロームでよかった!』と思ってもらえる事業所であり続けたいと思います。

これは、令和元年度の定時評議員会です。

ここでも、事業報告と決算報告について承認していただくこと、新たな理事・監事の選任をしていただくことが大きな議案でした。

しっかりと審議をしていただき、活発な質疑応答もあり、計算書類についてもご意見・ご質問をいただき、その上で、決議をいただきました。感謝です。

先日は新規事業の起工式が行われました。

上井草保育園跡地に身体障害者支援施設の「(仮称)杉並区障害福祉サービス事業所シャローム上井草さくら」が建設される予定となっています。

起工式当日は、来賓の皆様、施工会社の方々が参列され、工事の安全、福祉事業の発展、地域住民の方々の祝福を祈りました。竣工は9月を予定しております。

期待に応えることができるように、がんばってまいります。あたたかく見守っていただけると幸いです。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

東京都内ではインフルエンザが流行しているようです。

それを受けて、当施設ではインフルエンザ対策を実施いたします。

〇ご来所される方は「マスクの着用」「手洗い」をお願いいたします。

〇面会制限として「体調が悪い方」「咳が出る方」「18歳未満の方」におかれましては、特養等の生活スペースには入ることができませんので、ご承知おきいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザを予防するためには・・・

・こまめな手洗い
・休養・栄養・水分補給
・咳エチケット
・適度な室内加湿・換気
・予防接種(かかりつけ医と相談)東京都感染症予防センターHP引用

以上の点に留意して健康にお過ごしください。

 

〇東京都感染症情報センターHP

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/flu/flu/

 

12月も半ばを過ぎ、今年を振り返る季節になりました。

日本能力漢字検定協会※が開催する「今年の漢字」は「災」に決まりました。

振り返ってみると「自然災害」が多い年でした。

豪雪、地震、台風、豪雨水害、土砂崩れなどで甚大な被害があったことが「災」の選定理由で多かったようです。

 

2位は「平」です。

「平」成最後の年。「平」昌五輪で小「平」選手の活躍。大リーグで活躍した大谷翔「平」選手。南北や米朝首脳会談で「平」和の期待が高まる。災害が多く、「平」穏無事を願う年。

 

3位は「終」

平成の「終」わり。平成に活躍した著名人の引退や逝去。オウム事件死刑囚の死刑執行。来年には新しい元号になるため、一つの時代の「終」わりや、引き際について考える年となった。

皆様は今年を振り返って、どのような漢字を選びますか?

 

今年も残りわずかとなりましたがご自愛くださいますように。

良き年末年始をお迎えください。

※公益財団法人 日本漢字能力検定協会HP

https://www.kanken.or.jp/kanji2018/

 

11月4日のシャローム祭は、時々小雨が落ちてくる少し寒い一日でしたが、大勢の来訪者をお迎えし、楽しい一日を過ごす事ができました。
まず特養ご利用者の107歳の市内最高齢の方と男性で100歳の方による開会宣言で幕を開けました。続いて毎年シャローム祭のスタートを飾る「なんくるエイサー」の演舞で、大いに盛り上げていただきました。なんくるエイサーの方々からも、この演舞を毎年楽しみにしていますとの言葉があり、皆さんに楽しみにしていただいている地域の中のお祭りになってきたと感じました。

模擬店は、「キーマカレー」「焼きそば」「フランクフルト」「たこ焼き」「今川焼」「飲み物」「コロッケ」「あんドーナツ」「中華ちまき」「飲み物」「ヤンヨムチキン」「餃子」など皆様に大変喜ばれました。また喫茶コーナーでは「ロールケーキ」「チーズケーキ」などを用意し、コーヒー・紅茶・ジュースとあわせて、利用者やご家族、また近隣の方々がゆっくり会話を楽しむ場所として喜ばれました。
フリーマーケットコーナーは、近隣の障害者施設の方々や近隣の方のお店が出店してくださり、パンやクッキー、手作り作品、竹のかごやほうき、小物やお花などが人気でした。農産物コーナーは、予定していたよりたくさんの野菜を地元の農家さんが提供してくださり仕入れることができました。近隣で取れた新鮮野菜で、ほとんどの物が大好評のうちに完売となりました。また、カラフルな手作りかごも、喜ばれました。
ゲームコーナーは、綿菓子、射的、ヨーヨー釣りで、豪華景品を目当てに、小さなお子さんから、大人の方まで人が途絶えることなく人気のコーナーとなりました。バルーンアートの方も休む時間もないほどでたくさんの見事なバルーンを提供してくださいました。


イベントコーナーは、毎年大好評の合唱団「そよ風」の素敵な合唱に加え、「泉会」民謡と、「ライアー」という楽器の演奏もあり、どのステージも素晴らしい時間で、拍手喝采でした。近隣の皆さんや利用者も楽しめるステージでとても良いイベントになりました。
恒例の作品展示コーナーは、見ごたえのある作品が展示され、来訪者から「すばらしい作品ばかりですね」といわれるほどの感動を味わう事ができました。
今年は、タイ式マッサージコーナーを実施しては、人気のコーナーになりました。職員も疲れをいやす時間になったようでした。

何より、南町小学生のボランティアの活躍は、毎年恒例となり、今年の子供たちも大きな戦力となり、また日頃お手伝いいただいているボランティアの方々の力強い協力もいただき、最高の一日になりました。FMひがしくるめのリポーターの方が来てくださり、生放送でインタビューを放送してくれて、それを聞いたのでと社協の皆さんをはじめお客様がが来てくれたり、地域の中での広がりを実感させられました。
今後とも、皆様との輪(わ)を大切にし、地域に貢献できる社会福祉施設として成長したいと願っています。本当にありがとうございました。実行委員一同感謝しております。
来年もよろしくお願いいたします。
                                                        平成30年11月吉日
             社会福祉法人三育ライフ 東京事業所
                                                                 施設長 我謝 悟

「社会福祉法人三育ライフ (仮称)シャローム上井草新築工事 入札参加資料

 提出期限:2018年10月11日~10月19日
 受付時間:午前9時30分~午後5時まで
 送り先 :〒203-0023 東京都東久留米市南沢5丁目18番36号
      社会福祉法人三育ライフ 理事長 東海林正樹

※詳細については、建通新聞(首都圏東京版)、建通新聞Web記事 をご確認下さい。

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の投稿