その他

 

11月4日のシャローム祭は、時々小雨が落ちてくる少し寒い一日でしたが、大勢の来訪者をお迎えし、楽しい一日を過ごす事ができました。
まず特養ご利用者の107歳の市内最高齢の方と男性で100歳の方による開会宣言で幕を開けました。続いて毎年シャローム祭のスタートを飾る「なんくるエイサー」の演舞で、大いに盛り上げていただきました。なんくるエイサーの方々からも、この演舞を毎年楽しみにしていますとの言葉があり、皆さんに楽しみにしていただいている地域の中のお祭りになってきたと感じました。

模擬店は、「キーマカレー」「焼きそば」「フランクフルト」「たこ焼き」「今川焼」「飲み物」「コロッケ」「あんドーナツ」「中華ちまき」「飲み物」「ヤンヨムチキン」「餃子」など皆様に大変喜ばれました。また喫茶コーナーでは「ロールケーキ」「チーズケーキ」などを用意し、コーヒー・紅茶・ジュースとあわせて、利用者やご家族、また近隣の方々がゆっくり会話を楽しむ場所として喜ばれました。
フリーマーケットコーナーは、近隣の障害者施設の方々や近隣の方のお店が出店してくださり、パンやクッキー、手作り作品、竹のかごやほうき、小物やお花などが人気でした。農産物コーナーは、予定していたよりたくさんの野菜を地元の農家さんが提供してくださり仕入れることができました。近隣で取れた新鮮野菜で、ほとんどの物が大好評のうちに完売となりました。また、カラフルな手作りかごも、喜ばれました。
ゲームコーナーは、綿菓子、射的、ヨーヨー釣りで、豪華景品を目当てに、小さなお子さんから、大人の方まで人が途絶えることなく人気のコーナーとなりました。バルーンアートの方も休む時間もないほどでたくさんの見事なバルーンを提供してくださいました。


イベントコーナーは、毎年大好評の合唱団「そよ風」の素敵な合唱に加え、「泉会」民謡と、「ライアー」という楽器の演奏もあり、どのステージも素晴らしい時間で、拍手喝采でした。近隣の皆さんや利用者も楽しめるステージでとても良いイベントになりました。
恒例の作品展示コーナーは、見ごたえのある作品が展示され、来訪者から「すばらしい作品ばかりですね」といわれるほどの感動を味わう事ができました。
今年は、タイ式マッサージコーナーを実施しては、人気のコーナーになりました。職員も疲れをいやす時間になったようでした。

何より、南町小学生のボランティアの活躍は、毎年恒例となり、今年の子供たちも大きな戦力となり、また日頃お手伝いいただいているボランティアの方々の力強い協力もいただき、最高の一日になりました。FMひがしくるめのリポーターの方が来てくださり、生放送でインタビューを放送してくれて、それを聞いたのでと社協の皆さんをはじめお客様がが来てくれたり、地域の中での広がりを実感させられました。
今後とも、皆様との輪(わ)を大切にし、地域に貢献できる社会福祉施設として成長したいと願っています。本当にありがとうございました。実行委員一同感謝しております。
来年もよろしくお願いいたします。
                                                        平成30年11月吉日
             社会福祉法人三育ライフ 東京事業所
                                                                 施設長 我謝 悟

「社会福祉法人三育ライフ (仮称)シャローム上井草新築工事 入札参加資料

 提出期限:2018年10月11日~10月19日
 受付時間:午前9時30分~午後5時まで
 送り先 :〒203-0023 東京都東久留米市南沢5丁目18番36号
      社会福祉法人三育ライフ 理事長 東海林正樹

※詳細については、建通新聞(首都圏東京版)、建通新聞Web記事 をご確認下さい。

 

夏の全国高校野球が行われています。

第100回目を数える節目の大会です。

西東京代表の日大三高はベスト4まで進みました。

 

惜しくも準決勝で敗れはしたものの最後まで良い試合を戦って

くれました。健闘を讃えたいと思います。

さて、今回の甲子園テーマソングは福山雅治さんが歌っていま

すが、楽曲を作るにあたって次のような思いを込めたそうです。

 

自分よりも自分以外の誰かを活かす、というプレーが高校野球にはとても多いと思います。送りバントであるとか犠牲フライであるとか、できることに専念して、できないことを補い合い、支え合う、仲間との『つながり』。
100年前から続いてきた『つながり』が100年後にも続いていってほしいという願いを込めました。NHKホームページよりhttp://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=15428

 

高校野球はこの「つながり」が見る人に感動を与えてくれるの

だろうなと感じました。

シャロームもご利用者、ご家族、また地域との「つながり」を

大切にしていきたいと思います。

少し暑さが戻るようですが、お体に気をつけてお過ごしください。

暑い日が続いていますが、お元気にお過ごしでしょうか?

シャロームの菜園で小さいゴーヤを見つけました。

まだ小さいですが、これから大きくなると思います。

ゴーヤの時期は5月から8月が旬のようですが、沖縄では年中売られているようです。

ゴーヤはビタミンCを豊富に含んでいて、疲労回復を助けてくれて夏バテ予防に最適です。

ゴーヤチャンプルが有名ですが、この夏はゴーヤを使ったいろんな料理にチャレンジしてみるのもいいですね。

 

シャロームではアジサイがきれいに咲いています。

「梅雨の花」というイメージが定着している紫陽花です。

紫陽花の美しい色が蒸し暑い季節に涼しさを与えてくれます。

 

紫陽花や

帷子時(かたびらとき)の

薄浅黄(うすあさぎ)   松尾芭蕉

 

「今年も紫陽花が咲いて帷子を着る季節になりました。

紫陽花も帷子も薄浅黄色をしている」という意味の俳句です。

気象庁によると関東の梅雨入りは6月8日頃とのことです。

もうすぐ梅雨入りで湿度が高くなってきていますが、あじさいを見て涼むのもいいかもしれませんね。

  

 

 

今年もシャロームの敷地内に「びわ」が実りました。

びわは初夏の果物で、鮮やかなオレンジ色です。

びわの実にはベータカロチンが豊富に含まれているそうです。

また、びわの葉は古くから自然療法で使われてきたようです。

自然の植物には人間にとって薬になるものがたくさんあるのでしょうね。

今年も暑い夏がやってきますが、健康に留意してお過ごしください。

シャローム横浜に行ってきました。昨年12月からシャローム東久留米で働いている二人のインドネシアの人たちを連れて訪問しました。シャローム横浜もシャローム東久留米もキリスト教が母体となっている施設ですので、毎週土曜日には希望者が集まり礼拝を行っています。

今回の訪問では礼拝の中で讃美歌を歌ってくれました。とても上手な日本語で歌ってくれました♪ ♪ ♪

現在、インドネシアのお二人は介護福祉士の資格を取得するために勉強中です。

仕事をしながら、日本語と介護福祉士の勉強をするのは大変だと思いますが、きっとその努力が報われる日がくると思います。

みなさまも応援よろしくお願いいたします。

p.s.シャローム横浜のみなさまありがとうございました!

 今年も今日を含めあと三日となりました。

 新年を迎えるために、シャローム東久留米の玄関に門松が飾られました。昨夜業者が納入したのではありません。この門松は毎年職員の手作りなんです。心のこもった門松が、今年最後のシャローム南沢デイサービスに出席される方々をお迎えしています。

 今年のクリスマスの最後は、利用者のみなさまにすてきなプレゼントが用意されていました。4名の謎?のみなさんが特養の各フロアーを訪れて、そうして「くじ引き」でプレゼントを選びました。箱の上から、ひもを引くとプレゼントを引き上げることができます。利用者のみなさんも大喜びでした。

 12月18日(日)午前、今年は関東地区でコンサートツアーをしてくださっている広島三育学院高等学校聖歌隊のみなさまが、シャローム東久留米でコンサートを開いてくださいました。
 会場は二階で、クリスマスの讃美歌やなつかしい童謡なども歌ってくださいました。
 
 
 

 
 

 コンサートの後は、集まった利用者と握手をして、笑顔で声をかけてくださいました。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 その後、重介護フロアーへ移動して、ミニコンサートをしてくださいました。
 利用者も職員も、感動の涙を流しながら聞かせていただきました。みなさんの讃美歌と笑顔をありがとうございました。

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の投稿