未分類

 シャローム菜園では夏野菜が実っています。

きゅうりやゴーヤやトマトなど大きくなっています。

今回はトマトを収穫しました。

夏野菜は体温を下げる食材と言われております。

旬の野菜を上手に取り入れて健康に気を付けていきたいですね。

 

 ひとつ、相田みつをさんの言葉をご紹介します。

 「 トマトにねぇ

    いくら肥料をやったってさ

      メロンにはならねえんだなあ 」 ー 相田みつを ー

トマトがメロンになることはできません。

人間も他の人になることはできません。

ナンバーワンを目指すのもいいですが、オンリーワンを大切にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

      平成30年7月9日 参加者:ご利用者4名 職員6名

 

「野球が好き。西武はいいよ~。」と言われた方が居り、野球をされていた方・野球が好きな方を誘って観戦に行く。

ご利用者全員が真剣に観戦され、「がんばれー!」と大きな声援を送っている方もいた。

夕方から夜間にかけての外出だった為、帰ホーム時は皆さん少し疲れた様子見られたが、「楽しかった」との声あり。

行く前と観戦中では明らかに反応の違う方もおり、移動時もみなさん周りをよく見ていた。

普段夜間の外出の機会がないため、良い刺激になった様子。

混乱や体調不良等なく無事に終了することができた。

今後も外出の機会を設けていきたい。広報委員記(生活介護課)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月7日は七夕でした。

物語では1年に一度、織姫と彦星が天の川で再会する素敵なお話です。

シャロームでは七夕にちなんで、天の川をイメージしたフルーツポンチを作りました。

ご利用者のみなさまが上手に作ってくれました。とてもおいしかったです。

 

 

今年は綺麗な星空が見れるのかなと思っていましたが、梅雨前線などの影響で西日本では記録的な豪雨となってしまいました。

日を追うごとに被害の大きさが明らかになってきています。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災地におかれましては、一日も早く普段の生活に戻れますよう、皆様の無事をお祈り申し上げます。

 

5月1日はシャローム東久留米が開設した記念の日です。

その記念日に合わせて「開設26周年記念特別食」が出されました。

「26年前・・・私は何歳だったかな?」と過去に思いを馳せて食された方もいるかもしれません。

地域の皆様に支えられて26年目を迎えることができたことに感謝しております。これからもよろしくお願いいたします。

シャローム横浜に行ってきました。昨年12月からシャローム東久留米で働いている二人のインドネシアの人たちを連れて訪問しました。シャローム横浜もシャローム東久留米もキリスト教が母体となっている施設ですので、毎週土曜日には希望者が集まり礼拝を行っています。

今回の訪問では礼拝の中で讃美歌を歌ってくれました。とても上手な日本語で歌ってくれました♪ ♪ ♪

現在、インドネシアのお二人は介護福祉士の資格を取得するために勉強中です。

仕事をしながら、日本語と介護福祉士の勉強をするのは大変だと思いますが、きっとその努力が報われる日がくると思います。

みなさまも応援よろしくお願いいたします。

p.s.シャローム横浜のみなさまありがとうございました!

少しずつ春らしくなってきた3月3日、特養シャローム東久留米では「ひなまつりコンサート」が開かれました。
 
 
 

 
 

 
 
 

出演は、昨年も訪れてくださり、とても好評だった日本大学芸術学部の3名の学生さんに、今年もコンサートを開いていただきました。
きっかけは、メンバーの一人が、一昨年秋にシャローム東久留米で実習に訪れてくださいました。その合間にコンサートをしていただき、それが始まりでした。
 
 
 

 

クラリネット、フルート、ピアノで、利用者のみなさまにとってなつかしい曲や明るい楽しい曲を、各フロアーをまわって演奏してくださいました。最後は利用者と一緒に大合唱になりました。

 今年も今日を含めあと三日となりました。

 新年を迎えるために、シャローム東久留米の玄関に門松が飾られました。昨夜業者が納入したのではありません。この門松は毎年職員の手作りなんです。心のこもった門松が、今年最後のシャローム南沢デイサービスに出席される方々をお迎えしています。

 今年のクリスマスの最後は、利用者のみなさまにすてきなプレゼントが用意されていました。4名の謎?のみなさんが特養の各フロアーを訪れて、そうして「くじ引き」でプレゼントを選びました。箱の上から、ひもを引くとプレゼントを引き上げることができます。利用者のみなさんも大喜びでした。

 12月18日(日)午前、今年は関東地区でコンサートツアーをしてくださっている広島三育学院高等学校聖歌隊のみなさまが、シャローム東久留米でコンサートを開いてくださいました。
 会場は二階で、クリスマスの讃美歌やなつかしい童謡なども歌ってくださいました。
 
 
 

 
 

 コンサートの後は、集まった利用者と握手をして、笑顔で声をかけてくださいました。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 その後、重介護フロアーへ移動して、ミニコンサートをしてくださいました。
 利用者も職員も、感動の涙を流しながら聞かせていただきました。みなさんの讃美歌と笑顔をありがとうございました。

 

 実習などでシャローム東久留米を訪れてくださる、三育学院大学看護学科のみなさんが、12月13日(火)午後、デイサービスセンター シャローム南沢、特養シャローム東久留米の各階を訪問して、クリスマスの讃美歌を歌い、またプレゼントを届けてくださいました。

 
 

 

 
 学生さんたちの元気な歌声に、利用者もともにクリスマスをお迎えする想いになりました。お忙しい中を、シャロームを訪問くださりありがとうございました。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の投稿