行事報告

ご利用者の急変時に看護師と協力し対応が行えるように、介護職・ドライバーの全職員参加で上級救命講習会に行ってきました。

心肺蘇生やAEDの使い方をはじめ、新規講習者と再講習者の二班に分かれ、コロナ禍での救命処置の方法も学ぶことができました。

ご利用者が安心して幸町デイサービスに通所できるよう、私達もがんばります。

ご利用者様と、お庭で育てていた新じゃがの収穫を行いました。

美味しいおやつや、昼食になります。

楽しみですね!!

すっきりしないお天気が続いていますが、幸町デイサービスセンターの紫陽花が綺麗に咲き始めています。

挿し木をして5年越しでここまで大きくなりました。

今年もまた「梅雨入り」がいつになるのか、気になる時期となりました。

今日は職員の出身地である「北海道」をテーマに、デイルームに14か所クイズを設置し、歩きながら解いていくオリエンテーリングを行いました。たくさんクイズがあり、いっぱい歩きました。

そのあと、北海道の郷土料理の「いも餅」を作り、皆さん大喜びで召し上がっていました。

ちなみに昼食は味噌ラーメンでした!!

曇り空で、湿度の高い日が続くようになりました。

梅雨に入る前に、施設周辺の植栽の剪定を行いました。

ボランティアさんのおかげで、伸びた枝葉がキレイになりました。

いつもご協力いただき、ありがとうございます。

5月に入り、気候が良くなりましたので、外の空気を吸いながら、歩行練習を行いました。

ベランダを1周すると、約130メートルになります。

半周歩く方、1/3周歩く方、その時の体調で歩く距離を相談しています。

富士山は見えませんでしたが、4階からの景色はとても良かったです。

長さ10メートルのこいのぼりを皆さんに見ていただきました。

「中に何人ぐらい人数が入れるんだろうね?」とか「買ったらいくらぐらいするんだろうね?」とか、質問も飛び交う楽しい時間となり、1人が「大きな口から中を見てみたい」と言われると他の方々もそれに続くほのぼのとした雰囲気も、印象的でした。

皆さん、ますますお元気で過ごされますように。

幸町デイサービスセンターでは、菖蒲湯と手作りの「鯉のぼりどら焼き」でイベントを楽しみました。

無病息災で今年も元気で過ごす事ができますように!!

5月4日は「みどりの日」ですが、巨大鯉のぼりをデイルームでお披露目しました。

2年前まで、シャローム東久留米の駐車場で、多くの鯉のぼりを泳がせてきましたが、新型コロナウイルス蔓延のため、中止していました。

倉庫に保管されてきた鯉のぼりを久々に出して、丁寧にアイロン掛けをし、消毒も行い、職員3人がかりで運びました。鯉のぼりの長さは10メートルで、間近で見ると、なかなかの迫力です。鯉のぼりの中に入りたいとおっしゃる方、どんな生地でできているのか触って確認する方、「最近はこんなに大きな鯉のぼりは見なくなったね 」と話される方、さまざまな反応でした。

思うような外出ができない状況ですが、ちょっとした季節感を味わうことができたのではないでしょうか。

防災委員会主催の防災訓練を行いました。

〇消防署へ通報すること

〇館内放送で避難指示

〇消火栓、消火器の使用方法 

出火の際の基本的な行動ですが、いざとなると思うようにいかない場合があると思います。そのためにも日頃の心がけや訓練が大事なってきます。消火器の使い方も知っているようで、普段使っていないだけに忘れている場合もあります。定期的に消火器などの使用方法を確認することをおすすめします。

東日本大震災から8年が経過しました。「天災は忘れたころにやってくる」といいます。

防災意識を高めて、日ごろからの準備を行ってまいりたいと思います。

 

 

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

過去の投稿