2010年 12月

 2010年が終わろうとしています。シャローム東久留米でも新年の準備が着々と進んでいます。

 玄関には門松が飾られました。この門松は職員の手作りなんですよ。他のフロア―にもお正月の飾りがなされ、新年を迎える準備が整いました。

 昼食は年越しそばでした。利用者のみなさまも、おいしいそばを食べて元気に年を越せそうですね。

 午後からは3階のみなさまが、明朝のおせち料理の栗きんとんを作ってくださっています。さすがベテランの包丁捌きですね。

 今年も一年、シャローム東久留米をお支えくださりありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 今年最後のお楽しみ行事として、12月27日午後1時30分より、幸町デイサービスセンターで、幸町デイ、グループホーム白山、グループホームシャローム本天沼、三施設合同の演芸大会が開かれました。

 

 各施設で、職員、利用者、利用者+職員の出し物を用意しました。どれも熱演で、とてもたのしい時間を過すことができました。

◆写真は幸町デイ職員のみなさまによる「かさじぞう」です。

 クリスマスが終わった、いよいよお正月ですね。

 お正月の準備と言えばお餅つきです。シャローム東久留米では三年前から年末に、利用者のみなさまもおいしくいただけるような、やわらかめのお餅をついて、みなさんでいただいています。

   グループホーム白山のみなさまも、遊びに来てくださり一緒に餅つきをしてくださいました。

 一度に全員が集まって餅つきができないので、4階を使って各フロアー順番に餅つきをしました。利用者のみなさまも大きな声で声援しました。

 それだけでなく、利用者のみなさまもお餅をついてくださいました。

 ついたお餅は早速、おろし、納豆、きなこ、あんこ、さとうしょうゆなどにからめて、利用者のみなさまに食べていただきました。

 フロアーに戻った利用者の方が「年のはじめの・・・」の唄をピアノで弾いていらっしゃいました。

 今年も残りわずかですが、みなさまと一緒にお正月の準備をした一日でした。

 クリスマスイブの午前中は、かわいい保育園児の聖歌隊がシャローム東久留米・南沢を訪れてくださいました。こどもたちが小さな聖歌隊でしたら、午後からは系列法人となる三育学院大学聖歌隊のみなさまがシャローム東久留米と南沢でコンサートを開いてくださいました。

 聖歌隊とのガウンをまとった37名の学生さんがクリスマスコンサートツアーの一環としてシャロームを訪れてくださいました。

 

 先生を加えた木管アンサンブルの演奏をしてくださいました。

 演奏を終えて、利用者のみなさまと握手をして声をかけてくださいました。今夜は都内の教会のコンサートが予定されています。

 お忙しい中、シャロームを訪れてくださりありがとうございました。

 いよいよ今日はクリスマスイブです。

 午前中、シャローム東久留米、南沢訪れてくださったのは市内にあります下里しおん保育園のみなさまです。各フロアーをまわって讃美歌を歌い、そうして利用者と握手をしてくださいました。

 「みんなかわいい天使だね」と聞くと、「うう~ん、ぼくたちは聖歌隊」としっかり自分たちの働きを理解しているこどもたちでした。

 今日は市内のいろいろなところをまわって一緒にクリスマスをお祝いしてくださるようです。ありがとうございました。

 シャローム南沢デイサービスでは12月20日からクリスマス会を開催しております。12月23日、第4日目は合唱団『響』の皆さんに来ていただきました。なつかしい童謡などをはじめに様々な曲を16曲に加えアンコールで2曲を歌ってくださいました。

すばらしい歌声に利用者の皆さまも喜ばれています。

 

三週間続けて、音楽専攻の学生さんが実習に来てくださったので、今週もミニコンサートをお願いしました。

 12月23日(木)の昼食前に、シャローム東久留米の2階→3階→1階の順番に各階で4~5曲、トランペットを演奏してくださいました。

 今週も実習生はお一人でしたが、休み中のお友だちが助けに来てくださりお二人でのコンサートとなりました。

 

 トランペットの高らかな音色に、利用者のみなさまも楽しいひと時を過ごすことができました。ほんとうにありがとうございました。

その2へ:http://news.shalom-tokyo.net/?p=318

シャローム南沢デイサービスでは、12月20日から12月24日までクリスマス会を開催しております。

初日はハンドベルグループのアプロディテ・ベル・クワイヤーの皆様に来ていただき、クリスマスメドレーを含めた11曲の素晴らしい演奏を聞くことが出来ました。

 

クリスマス会ということで本日のおやつはケーキを紅茶とともにいただいていました。

そこへ2匹のトナカイとサンタクロースが登場。「むかしの良い子」たちに、サンタさんからのすてきなプレゼントもありました。

 約一ヶ月前、自由学園最高学部の被服実習のために、学生さんたちがシャローム東久留米を訪れてくださり、8名のみなさまのスラックスを作ってくださることになり、採寸に来てくださいました。

http://news.shalom-tokyo.net/?m=20101122

 そうして今日、無事にできあがり、届けに来てくださいました。

 色も自分で選んだので、みなさまとても楽しみに待っていました。そうして早速試着することにしました。

 手作りのあたたかなプレゼントをいただいた利用者のみなさまの笑顔は最高でした。このような笑顔を、少しでもたくさん利用者、そしてかかわるみなさまと一緒に囲みたいですね。

 自由学園のみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 

 先週の金曜日に、音楽大学から実習に来ている教員志望に、ミニコンサートをしていただいたことを、行事の報告に載せました。

 この時のお一人の学生さんが、「来週も同じクラリネットを吹く友だちが実習に来るんですが、彼女は一人だけなので、自分が来て手伝いますから」と、とてもうれしい申し出をしてくださり、二週続けて実習生のみなさまによるコンサートをシャローム東久留米と、シャローム南沢でしていただきました。

 短い時間でしたが、みなさまが良く知っている曲を4~5曲吹いてくださいました。ほんとうにありがとうございました。そして学業の合間、ぜひまた来てください。

その1へ:http://news.shalom-tokyo.net/?m=20101210

カレンダー

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の投稿