2011年 2月

 社会福祉法人三育ライフ東京事業所の各施設は、たくさんのボランティアさんに支えられています。登録してくださっている方々は約150名、20団体くらいです。日常のさまざまな分野での介護のお手伝いや、いろいろな教室の講師、お話し相手、マージャンや将棋ボランティア、繕い物や編物を届けていただいたいたり、庭の整備など、多岐にわたり助けていただいています。

 2月27日(日)午後二時から、シャローム東久留米にボランティアのみなさまがお集まりくださり、ともに語らいお交わりをする感謝の集いを行いました。

 歓談の後に、施設付牧師のメッセージが語られ、

 自由学園最高学部(大学)二年生有志のみなさまが、音楽のプレゼントをしてくださいました。

 今回は60名のボランティアのみなさまが参加してくださり、お茶を飲みなが約2時間、楽しく語らいの時を持ちました。

 ボランティアのみなさま、いつもほんとうにありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いいたします、

 シャローム東久留米特養は軽介護、重介護、認知症フロアーと3層にわかれ、利用者の状況にあわせての介護を行っています。

 2月26日(土)午後、昨年の夏以来となりましたが、特養重介護フロアーのみなさまとご家族のみなさまとともに、ゆっくりとお話しする茶話会が計画されました。

 ご家族が施設を訪れていただいても、フロアーで働く職員とゆっくりと語りあう時間が取れないことは事実です。そのために一回目を開いたところ、とても良かったので二回目の企画となりました。

 テーブルの上には、春を感じさせる苺と、コップに入っているのは、ミルクゼリーと下は抹茶ゼリーです。おいしそうな飲み物に見えますね。

 会場は4階のデイルームで春の陽を受けながら、いろいろなお話をうかがったり、ご様子を説明したりして楽しい時間を過ごすことができました。

 

 本日のシャローム東久留米特養のお風呂は「みかん風呂」です。

 楽しく入浴をして、リラックスしていただくために特養入浴委員のみなさまがいろいろ工夫をしてくださっています。

 寝たままで入れるお風呂にもみかんが入っています。かんきつ系のかおりがお風呂からただよってきますね。

 歩いて入浴できる方々のお風呂にも、みかんが入りました。

 昨年寒くなってから、おおむね毎月一度お楽しみ入浴を行いました。りんご、花、ヒノキなどが浴槽に彩りを加えました。来月は何が入るでしょうか。

 毎年二回くらいの割で、特養シャローム東久留米2階のひだまりで、お買いものサロンが催されます。これは施設などを専門にまわってくださる会社の方が、シャロームに訪れ、高齢者のための洋服や靴などを施設の中で販売します。

 ご家族のみなさまも集まってくださり、一緒に買い物を楽しまれたり、買い物をしない方でも雰囲気を楽しんでくださいました。

 まだまだ朝夕冷え込みますが、日中の陽差しからは春が感じられる季節を迎えました。

 シャローム東久留米では、春に向けて「ひなまつり」のためにひな人形を各フロアーに飾り付けました。

 土台の骨組みをしっかりと作らなければなりませんが、一年に一度のことなので、四苦八苦をしながら組み立てました。

 緋毛氈が敷かれると、ひな壇らしくなってきました。

 きれいな段飾りができあがりました

 春が、また一歩近づいて来ました。

 平成22年度の施設内研究発表会を下記の日程で開催します。

 

 日時:平成23年2月17日(木)午後6時30分~8時30分

 会場:シャローム東久留米4階デイルーム

くわしくはトップページにある、くわしい案内をご覧になってください。

※昨年の研究発表会の様子です。

 2月3日(木)の昼食後・・・・

 特養シャローム東久留米のフロアーに、不吉な音が響いてきました。

 このごろの鬼はギターを弾けるんですね。

利用者のみなさまは、豆をまいて鬼退治でした。

 利用者のみなさまのもとに、今年もたくさんの福がやってくるように祈った一日でした。

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

過去の投稿