平成28年度施設内研究発表会

平成28年度 施設内研究発表会開催!

h28happyo1今年も施設内研究発表会を10月6日(木)に開催しました。忙しいなかで、130以上の方が来場してくださいました。前年度同様にテレビを含め3つのスクリーンを使用し、後方からでも見ることができるように会場設営を行いました。h28happyo2

東海林理事長に開会の挨拶をいただき、平成28年度の研究発表が始まりました。

今年も、5題の発表が行われました。


1.「シャローム南沢における生活行為支援の在り方」h28-1

南沢デイサービス 発表者:山岸 清峰


h28-22.「わかばの療育」

杉並区立重症心身障害児通所施設わかば
発表者:望月 太敦


3.「経口維持の取り組みについて」h28-3

生活相談課 発表者:平林 基


4.「充実したショートステイをめざして」h28-4

生活介護課2階 発表者:茂野 和恵


h28-55.「シャロームの看取りケアを実施してきて」

看護課 発表者:武田 忠雄


h28-hyosya今年も講評者は、日本社会事業大学社会福祉学部の冨永 健太郎先生にお願いしました。当施設での実習生の指導に来てくださっており、是非とお願いしました。「おもしろいと」と温かいコメントと「こうしたら」などアドバイスもたくさん頂き、発表者一同感激しておりました。

h28-hyosya2今年のアクティブ福祉in東京でも2題の研究を発表することができました。今年も施設内研究発表の5題の中から発表出来るものは全部出していきたいと思います。

これからも、ケアの質の向上を目指して皆で力を合わせ頑張っていきたいと思います。

h28happyo-last

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去の投稿